英国靴の専門店「ロイドフットウェア」

ロイドフットウェア

Lloyd Footwear(ロイドフットウェア)は1980年に創業した英国靴専門店です。代官山の同潤会アパートの一室にあった英国アンティークショップ「ジャンクシティ」のオーナーだった豊田茂雄氏が「日本人のための英国靴」を目指して、英国ファクトリーにオリジナル革靴を発注(別注)したのが創業のきっかけです。

販売している革靴は自社製造ではなく、クロケット&ジョーンズやチーニ―、バーカーなど、英国の著名メーカーに製造を委託しています。

店舗

ロイドフットウェアは、銀座に直営店舗があります。かつて青山にも店舗がありましたが、現在の店舗は銀座店のみです。

スコッチグレイン銀座本店も近くにあります。

住所東京都中央区銀座三丁目3-8 西銀三ビル1F
最寄駅有楽町駅、銀座駅
営業時間12:00~22:00
定休日なし
駐車場なし

通販

ロイドフットウェアおよび直営店舗は通販を行っていませんが、楽天市場にロイドフットウェアの製品を通販できるショップETON HOUSEがあります。

修理

ロイドフットウェアの靴は、直営店舗で修理を依頼することができます。修理が容易なグッドイヤー・ウェルト製法なので、靴の修理屋に依頼することもできます。

セール

ロイドフットウェア銀座店でセールが行われることがあります。ただし、セールが行われない年もあります。

マスターロイド

ロイド・フットウェアの最高級ラインです。クロケット&ジョーンズ製で、レザーソール(ヒドゥンチャネル)です。やや細身の作りになっています。

Mシリーズ

ロイド・フットウェアの中間ラインです。チーニ―製で、靴底はレザーソールです。半カラス仕立てのものもあります。

Vシリーズ

ロイド・フットウェアの標準ラインです。バーカー製で、靴底はダイナイトソールです。

コメント