鞄の語源と分類

鞄の語源にはいろいろな説があります。中国語で「文挟み」を意味する「夾板(キャバン)」を由来とする説、中国語で「櫃」を意味する「夾槾(キャマン)」を由来とする説、オランダ語で「旅行用の鞄」を意味する「kabas(キャバス)」を由来とする説など諸説あります。

「鞄」という漢字は中国語で「鞣し革」という意味を表し、日本語の「鞄」という意味はありません。日本でも「かばん」は「革袋」や「革包」と書いていましたが、明治時代に銀座の皮革店が看板に「鞄」という文字を用いたのが「鞄」の始まりとされています。

日本語では「鞄」と総称されますが、英語では日常的に物を運ぶための「bag」と、旅行の際に所持品を運ぶ「laggage」の2つに分類されています。

ショルダーバッグ

持ち手が無く、肩から掛ける鞄です。胴乱とも呼ばれます。

リュックサック

背中に担ぐ鞄です。背嚢とも呼ばれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする